小谷のブログ

明けましておめでとうございます2021

ブログ読者のみなさまへ

明けましておめでとうございます。

いつも小谷のブログをご覧くださり、ありがとうございます。

2021年もこのブログの目標の「本屋さんに入ったときのような、ランナーにとって期待感あふれるサイトを作りたい」に近づくためマイペースに、でも着実に進んでいきたいと思います。
*ブログを書く理由や目標についてはプロフィールページにまとめています

今年も何卒よろしくお願いします。

さて、リピートの方はお気づきかと思いますが、ブログのデザインが先月末からリニューアルされています。

(技術的な問題で、以前のデザインはクロームのブラウザで閲覧した時に更新がなかなか反映されなかったからです。
過去のままだったらきっとこの「明けおめ」投稿が桜舞い散る頃に表示されていた人もいたでしょう。)

リニューアルの関係で過去の記事は一部体裁が崩れて読みにくくなっているものもあります。
気づいたら逐次修正して全体を整えていきますのでご理解いただけますと幸いです。

今年はこの辺の記事のような最新の取り組み(日々の記録)と

小谷のブログ

2021/2/9

快眠と疲労回復のハーブティー

私が最初にハーブティーを飲むようになったきっかけは、栄養学の情報をよくチェックさせてもらっているインフルエンサーの方が「カモミールティーが快眠に良い」と発信していたのを目にしたときでした。 より良い睡眠が疲労回復、運動パフォーマンスの向上、体重コントロールに役立つということは多くの研究が示しています。 毎日使うということはありませんが「少し遅い時間にトレーニングや仕事をして興奮気味のときに使えるのではないか」と思って試しに飲んでみました。 プラセボ効果もあるかもしれませんが、飲むと精神的にリラックスできて ...

ReadMore

小谷のブログ

2021/2/1

1月トレーニングまとめ

2021年1月のトレーニングの振り返りです。 月間走行距離:106km 運動時間:10時間36分 主なポイント練習:できず、、、 10~12月の順調な状態から急転。 思うような練習はもちろん、生活習慣を整えることもできなかった1か月でした。 1/25の週からようやく少し生活を落ち着かせることができてトレーニングを徐々に再開できました。 これでなんとか不調の底は乗り越えたはず。 低下した体力を少しずつ取り戻していきたいですね。 この1か月で 「子育てしながら走っている市民ランナーの人たちってすごかったんだ」 ...

ReadMore

小谷のブログ

2021/2/5

私が日本代表になるまで#3 負けると悔しいこと。そうでないこと。

前回の続きです。 私にとって最初の大会だったのが2007年のいたばしリバーサイドハーフマラソン。 このときに思ったのが 「大会って練習よりずっと速く走れるじゃん!」 ということ。 これは最初の1kmのラップをみて驚きました。 それまでは先輩ランナーから「練習では走れないペースでも(ある程度までのペースアップなら)大会なら走れるよ。後は気合だけ!」というようなアドバイスをもらっていました。 例えば30km走の練習を5:00/kmで限界ギリギリで走れたというのに、そのペースでフルマラソンを走るなんて無理そうだ ...

ReadMore

小谷のブログ

2021/1/26

練習不足のツケが回ってきました。涙の心拍数20bpmアップ

今日は久しぶりに10kmのランニングをしました。 赤ちゃんが生まれてから約1か月。 環境の変化にまだ上手く対応できず、すっかりトレーニングはお休み気味でした。 1/25までの月間走行距離は78km。 この週末に千葉県の自宅に無事に家族3人で戻ることができ(里帰り出産のため家を長く空けていました)、環境を整えて「さぁまた体を作り直すぞ!」という気持ちになってきました。 シューズを履いて走り出すと、意外とペースは悪くありません。 「あれっ思ったより体力落ちてない?」とぬか喜びしていると、心拍数が1か月前とくら ...

ReadMore

小谷のブログ

2021/1/5

12月のトレーニングまとめ

2020年12月のトレーニングの振り返りです。 月間走行距離:583.6km 運動時間:49時間4分 主なポイント練習:空腹ランニングで60kmを1回 心拍数的にはほぼゾーン2-3のジョギングがメインの月でした。 理想的にはスピード練習も入れたかったのですが、出産や里帰り(安心してスピードを出しやすいところがない)などの環境もあったので仕方ないかなというところ。 (画像クリックで拡大表示) (画像クリックで拡大表示) 最後の2日間を除けば、家庭や環境変化のことを考えればよく走れたと思います。 10月からゆ ...

ReadMore

この辺の記事のような振り返っても良い記事(まとめノート)と

食事・サプリ・栄養学

2021/1/30

ダイエットや筋力アップにおすすめの栄養素ビタミンD

ビタミンDはダイエットや筋力アップ、疲労骨折の軽減など、ランナーに嬉しい効果が知られています。 この記事ではビタミンDの効果や使い方をまとめていきます。 日々の健康やパフォーマンスアップにお役立てください。 ビタミンDの概要 脂溶性(脂に溶ける)ビタミンなのでサプリなどで摂取する場合は食後の方が吸収されやすい。 食品での摂取だけでなく、日光を浴びることでも体内で合成される。 コレステロールから作られるので、コレステロール値が低いと合成されにくい。 カルシウムの吸収を助ける働きがある。 疲労骨折の軽減にも役 ...

ReadMore

ノウハウ

2021/1/5

子供たちへ『なりたい自分になるためのランニング』

2020年12月。 ある小学校で『なりたい自分になるためのランニング』という文章が子供たちに配布されました。 この文章を書いたのは私。 今住んでいる地域の小学校のPTAの方と縁があって知り合い「小学生とその親御さんが一緒に読める読み物を作ってみませんか?」というご提案をいただいて執筆したものです。 小学生に向けて書いたものですが、大人の方にも伝えたいメッセージが入っていますのでこちらのブログにも掲載させていただきます。 以下が原稿をそのままコピペしたものになります。 みなさん、はじめまして。 私は小谷修平 ...

ReadMore

ノウハウ

2020/12/29

ランナー向けサプリ開発者が血流に注目するワケ

ランナー向けのサプリの中には血流をサラサラにしたり、血管を拡張する働きが知られている成分が含有されているものがあります。 なぜそれが含有されているののかというと、開発者が「血流はランニングにとって大事だ」との仮説を持っているからです。 しかし、ランニングと血流といっても関係性がイマイチわからないという方もいらっしゃると思います。 そこで、この記事では「血流を改善するとなぜランニングに良いと考えられるのか」について考えていきたいと思います。 この記事を書こうと思うきっかけとなる出来事がありました。 私がプラ ...

ReadMore

ノウハウ

2020/12/29

ウルトラマラソンの吐き気を予防する方法

この記事ではウルトラマラソンのレース中の胃腸障害(吐き気、胃のムカムカ、食べられないなど)を予防するための対策法について整理しようと思います。 なぜ吐き気対策が重要なのか? そもそもなぜウルトラマラソンで胃腸障害の予防について考えておくことが重要なのか? それは多くのランナーが内臓トラブルが原因でリタイアや大幅な失速などの苦しい思いをしていると考えられるからです。 ウルトラマラソンの特性として「膨大なエネルギーを消費する」という点があります。 走り続けるということは筋肉を動かすためのエネルギーを使い続ける ...

ReadMore

ノウハウ

2020/12/8

キリアン・ジョルネの24時間走(Phantasm24)のレポート

著名なトレイルランナーのキリアン・ジョルネが24時間走に挑戦しました。 結果は134.8kmでストップと本人からしたら満足とはいえないものだったかもしれません。 ただ、レース後に書かれたこちらのレポートをみると初めてのレースに試行錯誤しながら挑戦したということがわかります。 このレポートがとても良いものだったのでご紹介します。 レポートではキリアン氏が24時間走(Phantasm24)に向けて どのようなトレーニングを計画し どのような補給戦略やギア選びをし レース当日どうだったか ということがわかりやす ...

ReadMore

トレーニング・練習

2020/12/14

インターバル走 同じ全力でも時間設定で効果に違い

「インターバル走なんて細かいことは考えなくても全力で追い込めば良い!」と考えている方へ。 今日はそんなあなたに興味深いデータを1つご紹介します。 引用元『Adaptations to aerobic interval training: Interactive effects of exercise intensity and total work duration』 インターバルトレーニングの強度設定によって効果がどう変わるかを知るためにある実験が行われました。 実験の対象者は自転車選手(普段から週に4 ...

ReadMore

ノウハウ

2020/11/14

自転車競技の名コーチに学ぶ「1%の改善を積み重ねるインパクト」

塵も積もれば山となるという諺(ことわざ)を象徴するようなスポーツの成功事例があります。 2003年の英国自転車連盟。 イギリスのプロ自転車競技を統括する同連盟は新監督としてデイブ・ブレイルスフォードを採用しました。 当時のイギリスの自転車競技は100年近く成績が振るわなかったといいます。 1908年以来、オリンピックの自転車競技で金メダルは1個のみ。 ツールドフランスでは110年間優勝者がいない状況でした。 (ある自転車メーカーは印象を考慮してイギリスチームに自転車を売るのを拒否したという話も) そんなあ ...

ReadMore

2つをバランスよく書いていけたら良いなぁと思っています。

良い想像がどんどん膨らむ新年の独特のエネルギーって良いですね。

みなさんも良い1年を迎えられますように。

それでは~

ps

こちらの記事、更新滞っておりすいません。

私が日本代表になるまで#1

今日から連載記事『私が日本代表になるまで』というのを書いていこうと思います。 きっかけは「今の小谷さんの考えはブログに載っていますが、走り始めてから24時間走の日本代表になるまでの経緯も知りたいです」 ...

続きを見る

今週中には連載を再開します。(自分にプレッシャーをかけるために宣言する戦略)

-小谷のブログ

© 2021 小谷修平のランニング講座 Powered by AFFINGER5