お客様の声

RUN専門家のCatalystサプリのレビュー

Catalystサプリはランニングの専門家の方にも選ばれています。

この記事ではCatalyst Spirits(CS)Catalyst Recovery(CR)について、2名の専門家の方からお寄せいただいている声をご紹介します。

Runarx Running Company 代表の佐藤さん

Runarx Running Company(ルナークス)は埼玉県川口市をベースにするランニング専門店です(ホームページはこちら)。

代表の佐藤さんにはサプリを開発する際の試作品テストに参加していただきました。

その時の試作品を使った体感について、SNSでシェアしてくださったので引用する形でご紹介します。

「きつい、しんどい、もう無理」というワードをよく口にするランナーの方は多いのではないでしょうか。

でもそうやって自分の実力よりちょっと上のオーバートレーニングは、走力アップに大切な要素です。

今回新入荷した「Catalyst SPILITS(¥6,000)」は、メディカル分野で「きすい、しんどい、もう無理」という脳・メンタルが作る疲労「中枢性疲労」の軽減に実績のあるアダプトゲンといわれるハーブ類5種をブレンドしたサプリメントです。

今までは疲れたら糖質、カフェイン、シトルリン、アルギニンなど「一時的な興奮」で対処してきましたが、スポーツ・アダプトゲン「スピリッツ」は、分厚い耐性を作ることで粘り強く走れ、ペースやフォームの維持、中だるみのないインターバル練習など、着実なレベルアップのサポートに期待できます。

ワタクシはこのスピリッツとリカバリー(追って紹介)をモニターとして、5月G.W.から使わせてもらいました。

昨年から怪我続きで練習できていないのはクラブメンバーは知っていますが、そのわりにG.W.中は毎日1日2回練習ができてしまい、その後のGONTEXみなかみトレイルレース120kでもスピリッツ+リカバリーを摂取し、「我慢できる痛み」のまま走り、何年も走っていない100km越えに加えて気持ちが折れやすい周回コースでしたが、結果自分も予想していなかった16時間3位という出木杉君なフィニッシュしてしまいました。

その効果は個人差や主観が入ることが前提ですが、G.W.中の練習から「これ、ヤバいな」と感じていましたので、皆さんにも強くお勧めしたいと思います。

P.S. カタリストシリーズは、東大卒24時間走日本代表経験者が理詰めで作るランナーのことを考えたサプリメント。
効果へのアプローチが他社では思いつかないぶん、奥深く魅力的ですが、こちらも学ぶのが大変ですww

また、こちらはCRに関するコメントです。

昨日紹介したサプリメント「CATALYST : SPIRITS」と同時販売された「CATALYST : RECOVERY(¥5,900)」も新入荷しています。

このカタリスト・リカバリーは、水素分子に注目して開発された抗酸化作用のある疲労回復効果のあるサプリメントです

「水素」と聞いて良いイメージでを持たない方もいるかと思います(僕もそう)。

しかし水素そのものの効果としては、エビデンス的には信頼度の高い成分のようで

水素分子は小さい特徴から、他の抗酸化物質では届かないようなところまで浸透。
水素の発生は摂取から6時間以上も長時間カバー

という特徴があり、他の抗酸化作用のある物質よりも効果が期待できます。

こちらもG.W.からモニターで使いましたが、最初は「水素ってどうなの?」という気持ちで試していました。

怪我が治ったばかりで120分走をしましたが、おそらく翌日これくらいのダメージがあるだろうなと思っていましたが、翌朝それがなくすっきりと起床。

「ほんとに?」と思い、その後3日間同時間を走りましたが、疲労がゼロではないにしても予想している疲れがなかったのには驚きました。

カタリストのサプリメントは、必ず多くのランナーにモニターさせて高評価なら製品化、低評価ならお蔵入りのようですが、今回のリカバリーはかなりの高評価だったことと聞いて納得しています。

ぜひ、がっつり走った直後、就寝前に摂って、そのリカバリー感を感じてみて下さい。

ルナークスさんでは頻繁にイベントも開催されています。

お近くにお住いの方はぜひ遊びに行ってみてください。

ウルトラプロジェクト代表 新澤さん

ランニングクラブ『ウルトラプロジェクト』の代表である新澤さんにも、サプリの試作品テストにご協力いただきました。

こちらの投稿でCSについての使用感が記載されています。

Catalystスピリッツを飲み始めてから、決めたポイント練習は途中で止めることはほぼなくなったし、気づいたらいくつかの距離で自己ベスト更新したり、久々でほぼウルトラの練習しないで走った100km2本もキツイ場面で諦めずに粘れている。

練習をやりきれずに、終わってからもっと頑張れたのに・・・とよく感じる方に試して欲しいサプリメントです。
逆に厳しい状況になるほど、楽しくなっちゃうような方には不要なサプリメントかな。

またリンク先の『やり切る練習』という記事ではこのようにコメントされています。

7月1日に発売されたカタリスト ・スピリッツは試作品段階の2月から毎日飲み続けています。

このサプリメントはカフェインのように「飲んだらすぐに効く」という即効性を目的としたサプリメントではなく、日常的に栄養摂取することで中枢性疲労に対する耐性を少しずつ高めていき、良い練習を継続して着実に実力をつける狙いを持った成分を配合したサプリメントです。

レースで良い結果を出すためには、パフォーマンスを上げる練習を積み重ねる必要があります。中距離でもマラソンでもまぐれはありません。

その時点で出せる上限は決まっていて、暑さなど気象条件や体調などコンディションが悪いとその上限から切り下がっていくのです。

練習はその時点で出せる上限を引き上がることを目的にしています。
その意味では良い練習を継続して実力をつけて、自信もつけていくことは全てのランナーにとって必要なことです。

CSは、そこに焦点を当てたサプリメントです。いつも練習を途中でやめてしまう、もっと頑張れたはずと、終わってから後悔する方はぜひ試してみてください。

当然ながら、飲んですぐに効果を感じるなんてことはありませんが、私自身飲み始めた2月以降を振り返ってみると、東京マラソンでの自己ベスト、荒川リバーサイドジャーニーラン2位、ほぼ3年ぶり100kmのチャレンジ富士五湖で、序盤からキツくなるも粘ってサブ10、その直後の800mと1500mで自己ベスト更新、そして厳しい暑さになった弘前100kmで終盤まで粘って優勝など、結構キツイ場面でも粘れているように感じています。


Catalystはランナー向けに特化(専門家)したサプリであるために、流通量が少なく、知名度こそ低いですが、このようにこだわりを持って商品選び・コーチ活動をされている専門家の方からも選ばれている商品です。

「あまり知られていないから不安」という方もいらっしゃると思いますが、上記のプロの方々の声も参考にしてぜひ一度お試しいただければと思います。

Catalyst Recovery

「昔と比べて練習後の疲労がとれにくくなってきた」と感じたことはありませんか? 本商品は水素に加えて、エネルギー産生、組織修復、免疫などに重要なビタミン類を含有。「リカバリーを早くしたい」「いつまでも元気にスポーツをしたい」という方におすすめ。

続きを見る

Catalyst Spirits

中枢性疲労に特化したスポーツ用アダプトゲン。「マラソン中の苦しい場面でも心が折れずに踏ん張れるようになりたい」「記録を出したい」「仕事などで忙しい。ストレスを感じることが多い」という方におすすめです。

続きを見る

-お客様の声
-,

© 2022 小谷修平のランニング講座 Powered by AFFINGER5