ファットアダプテーションで60kmを失速なく楽に通過できるようになりました

ファットアダプテーションで60kmを失速なく楽に通過できるようになりました

先週末にポイント練習として60kmのジョギングをしてきました。
ペースは5:12/kmくらい。
朝食抜き、途中のエネルギー補給はなしです(電解質は補給)。

この練習は

  • 脂肪活用能力を高めること
  • 長い距離を走ってラングフォームをチェックすること(体のどこが疲れてくるかを確認すること)

を目的に行いました。

天気は曇り時々雨で蒸し暑かったのですが、友人と一緒に走ったおかげで精神的には楽でした。
一人で走る練習も大事ですが、仲間の力を借りて上手にポイント練習を消化していくのも良いですね。

糖質制限をはじめてからこのような長距離の無補給ジョギングができるようになりました。
私は60kmくらいは練習や大会で何度も通過してきたのですが、無補給ジョギングになってから60kmを通過するのが凄く楽になったと実感しています。

何が嬉しいかというと食べるストレスがないので内臓ダメージが激減するということです。
以前は60~70kmくらい走ると途中で胃がムカムカしてくることがありました。
特に気温が高くて水分補給の量が多いときなんかは内臓から体がやられてしまうことが多かったです。
運動しながら「飲む」と「食べる」を両方同時にするのは体的には大きなストレスだったのでしょう。

今では「食べる」の負担が減ったので発汗量が多い先日のようなときでも水分と電解質の補給に集中することができます。
内臓のストレスが少なければ翌日の疲労感も少なく、練習リズムが大きく崩れないというのは嬉しいですね。

走っているときのトイレの回数も減りました。
これはトイレでのタイムロスを考えると見逃せないメリットです。

糖質制限に慣れてからはペースが落ちるタイミングが遅くなったのも大きな変化です。
以前は自然に走っていたら25kmくらいで1kmあたり5-10秒くらい落ち、少しずつ動きが悪くなって60-70kmくらいでガクンとくる感覚がありました。
今では60kmまでペースダウンはなく、60kmを通過しても自然な走りでペースはほぼ落ちることはありません。
(ちなみに24時間走では上位ランナーでも5-6時間経過くらいでペースが落ちたり、余裕度がなくなってくる人が多いように思います)

練習後の食欲の変化も面白いです。
以前はLSDの後はお腹が空いて大量にご飯を食べていました。
しかし、先日は朝食抜きで10時半から走り始め、ゴールしてから銭湯にいって電車で帰り、買い物して料理して夕食を食べたのは20時頃でした。
前日の夕食からほぼ24時間絶食状態だったのですが、空腹感はそんなにありませんでした。
これも以前の私では考えられないことです。

24時間ぶりの食事。おからパウダーグラタン美味し。

先日のサロマ湖でも私の食事を参考に糖質制限を継続して自己ベストを更新したと報告してくださったお客様がいます。
その方も胃腸障害のストレスがなくなって一気に楽に走れるようになったとのことです。

こちらはトライアスロンでの成功事例。

糖質制限の成功事例|宮古島トライアスロンで9時間切り(前年から40分以上の記録更新)

一方で糖質制限にチャレンジしても適応に苦労している方もいるようです。
そういう方の声をきくと、糖質の摂取量がやや多い傾向にあるようです。
(私は1日60g以下が良いと思っていますが、100gくらい摂取しているケースが多い)

「糖質の量を100gから50gに減らしたら逆に楽になった」という声もありますので、やろうという人は中途半端にするよりは極端に減らした方が良いのかもしれません。

コメント

*