小谷のブログ

ブログに書き続けたことは実現する

つい最近『人気ブログの作り方(かん吉 著)』という本を読みました。

著者のかん吉さんは『わかったブログ』という人気ブログの運営者。
マラソンが趣味でRUNネタも結構投稿されています。

最近私はショートスリーパーな日々が続いていて、ブログを更新できる日が増えてきました。
それで「自分も人気ブロガーになってウケたいなぁ」と密かに思って本を購入しました。

(ちなみにこの記事を書いている今日も22時に寝て25時にスッキリ目覚めて、深夜の時間にサクサク執筆しています)

食事法で短眠(ショートスリーパー)になるのか?

まず、この1か月間で私に起こっていた出来事についてお話しします。 1か月前から糖質制限の食事を再開しました。 実は今年の2~6月にかけて、糖質制限をやめて普通の食事をしていました。 糖質制限をストップ ...

続きを見る

かん吉さんが著書の中でこう語っているところがあります。

何かなりたいもの(こと)に関するブログを立ち上げて、毎日更新すれば必ず実現できる。

「文字に書いたことは実現する」とは自己啓発書などでよく言われることです。

かん吉さんは最初はその考えはマユツバものだと思っていたそうですが、実際にかん吉さん自身が

  • マラソンのサブ3、グランドスラム
  • ダイエット(5か月で8kg)
  • ブログのアクセス数を10倍以上に

などを目標に立て、過程を投稿し続けて達成してしまいます。

そして、「書いたら実現する」は本当かもしれないと思うようになり、上記の引用文の一言が出てきたようです。

私も直感的にはその考え(ブログで書き続けたら実現する)に賛成です。

ブログで宣言することでプレッシャーが生じ「頑張らないと」と行動するようになりますし、自分の頭で目標達成への道筋を考えて、プランを適宜修正していくという能力も磨かれるでしょうから。

しかし、「書いたら夢を実現できる可能性が高まる」と思いつつも、その一歩がなかなか踏み出せないという事実もあります。

というのも、「あんな目標宣言をしたのに達成できなかったらどうしよう」と失敗したときのリスクを嫌う自分もいるからです。

「目標を達成したいという自分」と「失敗したと思われたくない自分」のどちらを優先するか?

今日からの私は前者の自分を選んでいきたいと思いました。

以前読んだ本(たしか『夢をかなえるゾウ』だったような)の中にこんなフレーズがありました。

夢をかなえたかったら、他者から評価される場面に自分の身をおく勇気を持たなければいけない

この言葉はまさしくその通りだと思っていて、自分の過去を振り返ってみても、人生の大きな転機とかではほぼ必ずその勇気が必要でした。

会社を辞めて起業するときは自分自身や自分が提案する商品を市場(お客様)に評価されなければいけませんでした。
(「この商品良いと思いませんか?」と尋ねて「いえ、全然そう思いません」と否定される勇気を持たないといけません)

プロポーズ(結婚)も断られる勇気をもって相手に自分を売り込まなければいけませんでした。

あの場面で一歩を踏み出す勇気を持てたことが今の私を作っているともいえます。

今回、かん吉さんの書籍を読んで「ブログで目標宣言して失敗したら嫌だなぁ」なんて考えていたとき、改めて『夢をかなえたかったら、他者から評価される場面に自分の身をおく勇気を持たなければいけない』という言葉重さが思い出されました。

 

さて、話をまとめると「ブログで目標を宣言して、そのプロセスを投稿していけばかなう確率が高くなる。でも、失敗したときのことを考えると二の足を踏んでしまう。」というジレンマがあるということでした。

そして、今日からの私は「失敗したときのことを恐れずに、目標の実現のためにアウトプットしていく」ことを心がけるようにしたいと思います。

なぜなら、過去を振り返っても「失敗を避けたい。失敗したと思われるのを避けたい。」という気持ちを乗り越えなければいけない場面がいくつもあったことを思い出したからでした。

今後のブログでは夢、目標、やりたいことを宣言して、良いときも悪いときも正直に書いていこうと思います。

-小谷のブログ

© 2021 小谷修平のランニング講座 Powered by AFFINGER5