超効率練習|月間171kmでフルマラソン2時間46分(自己ベスト)達成

超効率練習|月間171kmでフルマラソン2時間46分(自己ベスト)達成

大会シーズンということで、私の元にはお客様から
「自己ベスト達成できました!」
というような嬉しい報告メールが届くことが増えてきました。

こうしたメールが届いて一緒に喜びを共有できると一日とてもウキウキした気分で過ごせます。

色々届くメッセージ、どれも嬉しいのですが「これは凄いな!」と思った声があったので今日はそれを紹介します。
「大会直近4か月の月間走行距離が171kmでフルマラソン2時間46分の自己ベストを達成した」という守田悠三さん(実名公開OKいただきました)からのメールです。

私と守田さんが出会ったところから順を追ってお話ししたいと思います。

自己ベストを出したつくばマラソン(11/25)から少しさかのぼり今年の9月のことです。
守田さんはトレニックワールドin外秩父43kmで年代別2位で入賞しました。

実はこの大会、私も協賛していて、この時は入賞者の方々に賞品を提供していました。
この時の賞品は栄養に関するDVD(*)でした。

*DVD『ランナーのサプリ学~記録向上のためのサプリ選び~』

このDVDを見た守田さんは私に次のようなメールをくれました。

小谷さん
3年ほど前、XX(小谷注:私が昔立ち上げたジョギングサークル)に3回ほど参加して、すぐに参加しなくなった守田と申します。
先週、トレニックワールドin外秩父43kmで入賞したときに副賞で小谷さんのDVDが入っていて、「知っている名前だ…」と記憶がよみがえりました。
DVD見ました。話面白くてびっくりしました。
そういえば当時、起業する話もしていたのを覚えています。
着実に進んでいてすごいなと思います。

応援の気持ちと、サプリにとても興味があったのでCCPを購入させていただきました。
つくばマラソンを走る予定なので2か月ほど試してみようと思います。
どこかでまだお会いできたらと思います。それでは。

というように、守田さんと私は3年くらい前にプライベートでランニング友達として出会っていました。
当時私はまだ会社員で「将来はランニングに関する事業がしたい」と思っていました。

時がたち、私は計画していた通りに起業して、自分の商品を作って販売するようになりました。
トレニックワールドさんとのご縁もあり、大会に協賛品を提供するようになりました。
そして、守田さんがその大会で入賞して賞品のDVDを見て再会したというわけです。

この守田さんからのメールを読んで、私はとても温かい気持ちになったのを覚えています。

守田さんは2か月後のターゲットであるつくばマラソンに向けてパフォーマンスアップ用のサプリCatalyst Cardio Performance(CCP)を試し始めます。
月間171kmの効率的な練習をこなして大会に臨んだ結果、2時間46分41秒と自己ベストを更新します。

大会後にこんなメールを送ってくれました。
(ぜひ守田さんの親切な人柄、良い走りができた高揚感、このメールをもらった私のウキウキ感を想像しながら読んでください)

小谷さん

ご無沙汰しております。守田です。

トレニックワールド外秩父の入賞をきっかけにCCPを知り、本命レースのつくばマラソンまでの2ヶ月間試した結果のレビューをお送りしたいと思い、メールを書いています。

まず率直な感想ですが、CCPについて確かに効果があると感じました。

先日のつくばマラソンでは、記録2:46’44”とPBを更新し、それ自体はもちろん嬉しいことではあるのですが、あわせて見ていただきたいのが直前の走行距離です。

7月〜10月までの4ヶ月間について、今シーズンの月間走行距離は仕事の関係もあり
7月:189km、8月:179km、9月:143km、10月:176km
ととても距離を抑えたものでした。

ちなみに初サブ3(記録2:56’05”)を達成した2014年の同時期の月間走行距離は
7月:212km、8月:226km、9月:215km、10月:234km
と約50kmほど今年より多く走っています。

その他シーズンでもサブ3をしたレースでは必ず月間200km以上を複数月についてやっています。)

体そのもののレベルアップこそあれど、このコスパの違いにはやはりサプリの効果は無視できないと感じました。

また、レース本番の30km以降についても今回は顕著な違いが見られました。

昨年までのフルマラソンでは30km以降でビルドタウンしきていき、前半ペースよりキロ5〜15秒ほどペースダウンすることがほとんどですが、今回のつくばでは平均ペースが3’57″/kmに対し、35-40kmの区間が19’40″(3’56″/km)と最後まで全く落ちなかったのです…。

http://update.runnet.jp/2018tsukuba/numberfile/245.html

体感としても30km以降の苦しさが全く違うと感じました。
息の上がり方として実際にどれほど変わったかまではよくわかりませんが、少なくとも息苦しさが明らかに軽減されているようでした。

ただし留意点が…正直に書きます。

実は別レースの参加賞や入賞商品として、glicoのオキシドライブとカネカのコエンザイムQ10を貰い、賞味期限の都合から、これらも同時期に使用することになってしまいました。

オキシドライブはレース前1ヶ月。コエンザイムQ10は5日前からのローディングとして追加しています。

いずれかのサプリが効いているのは間違いないのですが、最終的にどれが効いていたかがわからなくなってしまったのは残念です…。

ただ分かったこととしては、つくば1ヶ月前に走った30kmペース走の時点(CCPのみ使用。開始後1ヶ月)でも苦しさが緩和されていたので、間違いなくCCPの効果はあったものかと。
また、少なくともオキシドライブとの変な飲み合わせの悪さはないように感じました。

ありのままを書かせていただきましたが、また勝負レースの前2ヶ月は引き続き使用させていただきたいと思います。

ということで、今後ともよろしくお願いします。

ランナーの知人にもCCPを紹介してみたいと思います。

守田

私としては商品提供を通じて多少なりとも自己ベストに貢献できたかなという気持ちで嬉しさいっぱいでしたが、それだけでなく
「守田さん、すごく効率よさそうな練習をしているようだけど、いったい何をしているの?」
というところが気になってたまりませんでした。

きっと同じようにお仕事などで時間がない中「いかに効率よく記録を伸ばすか」で悩んでいる人は多いと思います。

そこで守田さんに次の質問をしてみました。

  • 練習メニューについて
    7月~大会まで、おおよそ一週間はどんな練習をしていましたか?
    また、そのメニューにしていた理由(練習の目的)は何でしたか?
  • 他の同レベルのランナー(サブスリー~2時間40分台くらい)
    「これは試して良かった」
    「これは個人的には失敗だった」
    と伝えたいこと、アドバイスはありますか?
  • もし私のブログやメルマガで「これは役に立った、参考になった」というものがあれば教えてください

インタビューの結果はまた次回に続きます。

Catalyst Cardio Performanceの詳細 DVD『ランナーのサプリ学~記録向上のためのサプリ選び~』

続編更新しました↓

その2|超効率練習|月間171kmでフルマラソン2時間46分(自己ベスト)達成

コメント

*