商品活用術

総合ビタミン剤を使うか、ビタミンC単体とか必要な栄養素だけ入ったのを使うか

今回はサプリメントの選び方についてお客様からいただいた質問にご回答します。

Q.
『総合ビタミン剤(複数の種類のビタミンが入ったもの)を使うか、ビタミンC単体とか必要な栄養素だけ入ったのを摂った方が良いのか?
総合ビタミン剤だと過剰摂取が不安です。』

A.
総合ビタミン剤でも過剰摂取のリスクはそこまで高くなく、ビタミンの働きを考えると総合ビタミン剤の方が良いのではないかと私は考えています。

理由は以下通りです。

  1. ビタミン・ミネラルはチームで働くので、全体的にバランスよく取りたい(特定の何かが欠けてしまうともったいない)
  2. 継続させることを考えると、シンプルな方が良い(食事のたびに必要な栄養素を考えて計算するのは手間で続かない)
  3. 実際に過剰摂取が報告されている事例の量をみると相当な量であることがわかる。
    サプリを開発する側も過剰摂取については繊細に考えて作っているので、誤った使い方をしない限りは(メーカーの摂取目安を守る限りは)ほぼ問題にならないと考えられる。

ただし、ある程度栄養の知識がついてきて、特定の課題に特化した栄養処方をしたいという場合は単体サプリも使えます。

例えばストレスや疲労対策としてビタミンBとCを多めに摂取することを私はおすすめしています。
その場合、総合型よりも単体を組み合わせた方が費用対効果は高くなります。

あと、貧血気味の人は鉄分を重視して単体で多めにとるというのも一般的ですよね。

まとめると、基本は総合型で全体の栄養素をバランスよく摂取する。
そのうえで特定のニーズがある場合は単体サプリを組み合わせて特定の栄養素を強化する。
というのが私の考え方です。

私の開発商品でいうと
ベースとなる総合型がCatalyst Conditioning
単体特化として抗ストレス・疲労フォーミュラCatalyst Chelate Ironがあります。

-商品活用術
-, ,

© 2021 小谷修平のランニング講座 Powered by AFFINGER5