トレーニング・練習

月末月初におすすめ|練習計画に役立つセルフコーチング質問集

2022年6月1日

今日から6月がスタートしますね。

月末・月初のタイミングでおすすめなのが「練習メニューの振返りと計画」です。

私たち人は、年、月、週などの区切りの良いタイミングになると、気持ちがフレッシュになりモチベーションを上げやすいことがわかっています。
(例えば、スポーツジムでは年始の1月が新規で入会する方が多く、すでに会員の人もジムを利用する頻度が増えることが多い)

市民ランナーをしていると「本当はもっと頑張りたい」と心の中では思っていても、日々の忙しさや想定外のストレスなどで、思ったようにいかないこともあると思います。

そんな中でも、少しでも頑張れるようになるためには「意図的に自分で自分のやる気を高めていくこと」が大切だと私は考えています。

そこで、今日は月末月初というタイミングを活かして、やる気を再注入し、さらに練習の有効性を高められるように「振返りで役立つセルフコーチング質問集」をご用意しました。

20~30分くらいの投資で大きなリターンが得られると思います。

ぜひ時間を作って下記の問いに答えてみてください。

セルフコーチングに役立つ質問集

  • マラソンに関して、あなたの長期的な目標とその中間目標は何でしたか?
    (もし無ければ、まずはそれを考えましょう。良い目標はエネルギーを与え、毎日を充実させてくれます)
  • この1か月の練習計画はありましたか?
    (そもそも計画が無かった人は作る習慣を持ちましょう)
    その計画はどんな狙いで作られていたのでしょうか?
  • この1か月、作った計画を実行できましたか?
    計画通りに行かなかったとしても、意図した能力を高められるように代替メニューを実行するなどして、努力できましたか?
    もし実行できていなかったとしたら、それは何が原因でしたか?
    (計画に無理があった? 日々の行動を改善すれば遂行できた?)
  • この1か月の練習はあなたにとって適切な負荷(量・質)でしたか?
    適切な負荷とは「成長する程度にはストレスだが、故障せずに継続できるくらい」「ちょっと頑張れば達成・継続できるくらい」です。
    それを踏まえて、次の1か月は負荷を上げる、下げる、維持のどれにすべきですか?
  • もしあなたが頭打ちを感じているとしたら、この3~6か月、練習の内容は単調になっていませんか?
    もしそうなら、どんな変化を加えたら打開できるでしょうか?
  • 速く走る練習とゆっくり走る練習のバランスはちょうど良いですか?
    (目標、課題、時期によって変動しますが、速い練習とゆっくり練習の時間比率が10:90~20:80くらいが1つの目安です)
  • 練習するときは毎回、目的意識をもって集中して走れましたか?
    より良いフォームにつながるよう自分の動作に対して意識的に走れましたか?

以上が質問集です。

ぜひ紙とペンを用意して思考を巡らせてみてください。

一通り回答したら、最後に自分なりに要点をまとめて頭を整理すると良いでしょう。

まとめたことや実行したいことは何度も思い出せるように目立つところに貼りだすと更に効果的です。

モチベーションを再注入して、6月からも目標に向かってワクワク楽しく頑張りましょう!

-トレーニング・練習

© 2022 小谷修平のランニング講座 Powered by AFFINGER5