ランナーで話題の抗酸化について|CoQ10とアスタキサンチンの違いから学ぶ

ランナーで話題の抗酸化について|CoQ10とアスタキサンチンの違いから学ぶ

ランナーオススメの抗酸化物質| CoQ10とアスタキサンチンの違いから学ぶ

先日配信したメルマガのテーマはコエンザイムQ10(CoQ10)についてでした。

CoQ10は抗酸化物質としてサプリでよく利用される成分です。
抗酸化物質とは運動などで生じた活性酸素(体にダメージを与える)から体を守ってくれる物質です。
この抗酸化作用によって「疲れに強くなる」という効果が期待されています。

CoQ10と同様に抗酸化物質としてアスタキサンチンというものがあります。
ランナーではアスタビータなどの商品が有名ですね。

メルマガ配信後に早速読者の方からこんな質問をいただきました。

行雲流水さんからのメッセージ
あけましておめでとうございます!
最近、抗酸化成分のアスタキサンチンの広告を良くみかけますが、コエンザイムQ10とは同様の効果と考えていいのでしょうか。
CCPとの飲み合わせとかについてはどうでしょうか。

後、カーネルの手入れですが、水で汗を流すていどと考えて良いでしょうか。

宜しくお願いします。

ということで今回はこの質問に回答しようと思います。

まず結論を先に書きます。

  • 抗酸化作用があるという意味では同じですが、体内の働く場所が違います。
  • ゆえにCoQ10とアスタキサンチンの両方を摂取しても効率が著しく悪化することはないと思います。
    (CCPとアスタキサンチンの飲み合わせも、もちろんOK)
  • Kernelのお手入れ→(汗が気になった時は水で流してから)乾いた布で拭いてください。

ではでは、以下で解説をしていきます。

活性酸素と疲労

ランニングをすると体内に活性酸素という物質が生じます。
この活性酸素が過剰にあると体にダメージを与えてそれが疲労を引き起こします

この体のダメージの例として「細胞膜の酸化」があります
私たちの体は細胞が集まってできています。
その細胞はそれぞれ細胞膜という膜で包まれています。

この細胞膜は細胞の内側と外側に物質を出し入れするという重要な役割をもっています。
例えば食べ物から得た栄養は細胞の中で使われますが、その栄養を細胞の中に取り込むには細胞膜を通過しないといけませんね。
逆に細胞の中で使われて不要になったゴミ(老廃物)は細胞の外に出さないといけません。

このように今この瞬間も私たちの体の中では細胞膜が物質の出し入れで活躍しています。
しかし、この細胞膜が活性酸素によってダメージを受ける(酸化される)と機能が低下して、私たちは疲労を感じるのです

活性酸素を除去する場所が成分によって異なる

このように活性酸素は私たちに疲労を引き起こしています。
この活性酸素を除去してくれるのが抗酸化物質なのですが、細胞レベルで考えると働く場所が成分ごとに違っています
というのも、物質によって分布している場所が異なるからです。
水に溶けやすい物質は血液などに多く、脂肪に溶けやすい物質は細胞膜などに分布します。

例えばよく知られている抗酸化物質の特徴をまとめると次のようになります。

物質名 特徴
ビタミンC 水に溶けやすいので血液や細胞質(細胞の内側の液体)で働く
ビタミンE
βカロチン
CoQ10
脂肪に溶けやすいので細胞膜などで働く
アスタキサンチン
αリポ酸
細胞の内外で働く(守備範囲が広め)
絵にするとこんな感じです

アスタキサンチンは構造上、細胞の表面と内側の両方で抗酸化作用を発揮するという特徴があります
また一重項酸素という活性酸素を除去する能力が最も高いと言われています。

一方でCoQ10はミトコンドリア、そしてそれが密集している心臓に多くあることからランナーとの相性が良いと考えられます
(心臓のポンプ機能が高まり心肺機能に良いと考えられるので)

アスタキサンチンの原料を製造している会社の研究者の方と話していたとき、こんなことをおっしゃっていました。
「アスタキサンチンも当然良いですが、CoQ10も心臓に多く分布しているのでランナーには効果的だと思います。
両方摂取できるのが抗酸化という意味では私は最強だと思います。」

また、抗酸化という観点ではビタミンC、Eの両方を十分な量摂取して体の全体をカバーするという方法も考えられるでしょう。

「抗酸化作用がある」という言葉だけ聞くとどれも同じに感じられますが、それぞれ違いがあります。
どれが効きやすいかは前提条件によって変わってきます
細胞膜の酸化に課題があるのか?
それとも血液の方が酸化ダメージを受けているのか?

この前提条件(抱えている課題)の違いが人によってサプリの感じ方が異なる理由の1つだと私は思います。
なので、やっぱり最終的には自分の体の声を聞いて自分で判断するということが必要になってきます。

今回は抗酸化というテーマですが、人によってはタンパク質の不足から疲労感を感じるかもしれませんね。
その場合は抗酸化物質を摂取しても効果は薄いでしょう。
体は複雑で疲労のメカニズムも複雑です。
「この疲労は他の可能性かもしれない」という言葉が頭をかすめるようにしておくと良いでしょう

サプリメントの組み合わせの提案

飲み合わせについても質問があったのでまとめておきます。

組み合わせ 評価 特徴・オススメの人
CCP+アスタキサンチン系 心肺機能と持久力を高めたい
疲労回復が課題
CCP+CC 心肺機能と持久力を高めたい
疲労回復が課題
外食が多いなど栄養バランスが悪い
(ちなみに私はこのセットを愛用してます)
アスタキサンチン系+CC 疲労回復が課題
外食が多いなど栄養バランスが悪い
機能が少し重複するのでコストパフォーマンスは悪化するかもしれない
(疲労がどうしても抜けない方は試して良いと思います)

CCP(Catalyst Cardio Performance)
心肺機能、持久力、体重コントロール、疲労耐性UPにオススメのサプリです。

CC(Catalyst Conditioning)
疲労回復、コンディショニング、栄養バランスに課題という人にオススメのサプリです。
お試しサイズもあります→CC60粒

アスタキサンチン系
色々と商品がありますが、やはりランナーならアスタビータさんあたりが安心でしょうか。
価格が高めですが、品質管理のしっかりした会社が製造しています。

【追伸】
こういう質問も今後どんどん取り上げて疑問に回答していきたいと思います。
よろしければこちらからメルマガ登録をして声をお寄せください。
*月に2回を目安にトレーニングや栄養の情報発信してます
*新商品のモニターや商品開発のアンケートをお願いすることがあります
*読者の方限定の特典などを時々プレゼントしています

LEAVE A REPLY

*