ウルトラマラソンの眠気対策テキスト|彩の国100mile&100kmで配布

ウルトラマラソンの眠気対策テキスト|彩の国100mile&100kmで配布

*2019/5/19加筆
こちらで紹介した配布テキストを編集したものを無料ダウンロードできるようにしました。
読みたい方はこちらのページからカートに入れる→注文と進んでください

私は中学・高校時代は勉強が得意な方でした。
テストが近づくと友人から質問を受けては解説をして、その友人が「わかった!」という顔をしたり、「良い点とった!」と報告してくれたりすると、嬉しい・楽しいと感じていました。
昔から自分の考えを人に話して、その人がリアクションしてくれたり変化してくれたりするのを見るのが好きでした。

その性格は今も続いていて、現在はこうしてランニング関係の情報を発信しています。
最近は紙媒体での発信がマイブームです。
「紙だと見やすくて分かりやすい」という声を多くいただいています。
私自身もWEBよりも紙の方が頭に入ってくる気がしてます。
伝える内容にもよると思いますが、私の情報は紙との相性が良いのかもしれません。

2月には小江戸大江戸200kという大会がありましたが、そのときはこんな情報冊子を参加者の方にプレゼントしました。

『ウルトラマラソンの補給に関する情報提供』と題された8ページの冊子には「ウルトラレース中にどのような補給をするのが良いのか」について私の考えをまとめました。

これを読んで実践された方から
「フルマラソンでも吐いていたのに200kmを快走できた」
「本当に自分ができたの?!」と信じれない気持ち
「大きな事を成し遂げたんだ」という幸せな気持ち
とのお礼メールをいただきました。

メールが届いた私もこの日1日をハッピーに過ごせました。
大会後の疲れているところ、このように丁寧なメールをくださって本当に嬉しいですね。
仕事をしている側も俄然やる気が出てくるというものです。
私も良いサービスの受け手となれるようスーパーのレジの人や宅配便の人、駅のトイレを掃除してくれる人とかに「どうも~」と声をかけるようにしています。

小江戸大江戸200kで調子づいた私はまた冊子を作ってみました。
タイトルは『レース中の眠気覚ましに関する情報』

この冊子を5/11-12開催の「トレニックワールド100mile&100km in彩の国 」で配ります。
(参加者への事前郵送物の中に同梱していただきます)
参加される方はぜひ手に取ってみてください。
参加しないけど読みたい方は参加する友達を見つけましょう。

この冊子では眠気の原因とその対策について4つの項目を紹介します。
「原因が違えば対策も変わる」これが重要なポイントです。

例えば低血糖は眠気が症状として出ることがあります。
この時に「眠気にはカフェイン」といってカフェインを摂っても効きにくいことがあります。
原因が低血糖なら血糖値を上げるための補給をする方が効果的です。
眠気の原因はその時々で違う可能性があるので「〇〇をすれば絶対大丈夫」ということはありません。

正直なところ、睡眠の問題は複雑かつ全てを理解できているわけではありません。
なので、この冊子を読めば絶対に大丈夫というようなものではありません。

それでも眠気の原因をいくつか知っておき、対策の選択肢をいくつか用意しておくことは役立つと自信を持って言えます。
参加される方々が普段の練習の成果を発揮して満足のいく走りができるよう応援しています。

追伸
大会では眠気対策にCatalyst Natural Caffeineも提供します。
ニューサンピア・吾那神社・竹寺・高山不動尊エイドに設置予定です。
眠くてピンチになったら(あるいは予防的に)4粒を目安に飲んでみてください。

コメント

*