100マイルトレイルで感じた異様な頭(脳)の疲れの正体は?

100マイルトレイルで感じた異様な頭(脳)の疲れの正体は?

今日はお客様からこんな質問が届きました。

小谷さん
お世話になっています。
先日アメリカで人生初の100マイルトレイルを走った時に思った事ですが

「異様に頭(脳)が疲れる」
「エネルギー不足感(切れではない、この状態が続くと後々まずいという感覚)を感じる」
という事です。
この点に関して小谷さんの考えを教えてもらえませんか?

ちなみにこの声の主はこちら↓

【COLD WATER RUMBLE100】
初挑戦となった100マイルトレイルレース。
一筋縄ではありませんでしたが、やってきた事は出し切れました。
今後も限界を決めつけず自分の可能性を楽しんでいきたいです。

Ishikawa Yoshihikoさんの投稿 2019年1月21日月曜日

200km超のウルトラで現在世界最強と言われている石川佳彦選手です。

今日はこのお客様最強ランナーからの質問に対する私なりの考えを紹介します。
*私はトレイルを走らないので推測の部分もありますがご了承ください

私の回答↓

石川君
100マイルデビュー&優勝おめでとう。
また世界が広がったようですね。

トレイルで頭が疲れるというのは、注意力が必要だからかなと思いました。
24時間走はボーッとしていても安全に走れるので頭のスイッチをオフにできますが、おそらくトレイルは安全に走るのに注意力がいるはずです(初チャレンジならなおさら)。

この問題については『すべての疲労は脳が原因』という本が参考になるかと思います。

脳の疲れの例として「飽きる」というのがあります。
本をずっと読んだり、単純作業をずっとしていると飽きませんか?
これは脳の疲れ(神経性の疲労)です。

これのメカニズムは神経細胞の反応が鈍くなることで知られています。
(専門的には神経細胞のスイッチが切り替わるための閾値が高くなると言います)

ざっくりいうと、神経細胞にはオンとオフの状態があって、それが上手く切り替わることで活動している。
その切り替わりが長時間同じような作業をしていると鈍くなって、それを疲労と感じるということです。

この脳の疲れやすさは脳のどの部位が活動しているかによります。
例えば走るという動作自体は何時間もしても脳は疲れませんよね?
これは運動が小脳というところが主に関わっているからです(小脳は繰り返し動作をしても疲れない仕組みになっている)。

一方で単純作業をするときは別の脳部位が使われ、小脳と違って疲れる。
石川くんの今回のトレイルの場合は
・転ばないように走る
・コースを間違えない(わかりやすかったようだけど)
・普段と違う体の使い方をする(自動化が進んでいないプログラムは疲れる)
・トレイルならではの色々な考え事があった(小脳以外を酷使するような)
とかいうことが起きて脳が疲れたのではないでしょうか。

もしそうなら、トレイルを走り慣れることでこの疲れは軽減されてくると思います。
大会のコースを試走したり、山の中にいる時間を増やすとかしたら、レース中の頭の負荷が減って改善すると思います。
(24時間走を飽きると言っている人は
「景色変わらないなぁ」とか
「誰か応援にこないかなぁ」とか
「何か楽しいこと起きないかなぁ」とか
色々と走ることと関係ないことを考えて脳を酷使しているに違いないね!笑)

エネルギー不足感(不安感に近いと思う)には低血糖も関係していたのかなと。
血糖値が下がると不安な気持ちになります(これは自分で実験して確認しました)
補給かペース配分の関係で血糖値が下がる時間帯があったのではないでしょうか?

自分の考えはこんな感じです。
質問してくれて、改めて考えるきっかけになりました。
ありがとう!

世界最強の称号を獲得しても新しい可能性にチャレンジする石川選手。
「この経験を活かして次はもう少し良い走りを披露したい」
と語っていました。

私も今後も友人として応援しようと思います。

糖質制限とマラソンセミナー@大阪

3/24に大阪でセミナーを開催します。
今日紹介した石川選手もゲストとして参加してくれます。
全3講座でテーマは下記の通り。

  • 糖質制限をマラソンに活かせるか?
  • ウルトラマラソンの練習メニュー作成方法
  • 筋機能調整によるランニングフォーム改善

普段は東京で活動していますので、この機会をお見逃し無く。
セミナー詳細やお申し込みは下記リンクからどうぞ。

糖質制限と持久系スポーツの関係

ウルトラマラソンの練習メニュー作成

筋機能調整(AMS初級講座)

石川選手レース振返り

石川選手のレースの振返りなどこちらで更新されていくようです。
興味のあるFacebookユーザーの方はどうぞフォローで応援を。

【COLD WATER RUMBLE100 振り返り】
レースから1週間。
少しずつトレーニング再開しています。

Ishikawa Yoshihikoさんの投稿 2019年1月27日日曜日

コメント

*