リカバリーサプリメント Catalyst Conditioning(CC)
疲労を吹き飛ばす回復力
Catalyst Conditioning(CC)には疲労回復に効果的と言われるビタミンB群がたっぷり含まれています。
ビタミンB群は食べ物で得た栄養をエネルギーに変換するときに必要な栄養素。
これをしっかり摂取することで、エネルギーがスムーズに作られ、力がみなぎってきます。他にも疲労と関連の強い抗酸化ビタミンやファイトケミカルなどがギュッと凝縮されています。
ハードトレーニングに負けない免疫
仕事や家事などと両立してトレーニングに励む市民アスリートの体には十分な栄養が必要です。
特に記録を目指して走るランナーの方はハードトレーニングで免疫を低下させてしまうリスクもあります。
競技の結果を求めるなら、トレーニングを安全に継続するためのコンディショニングにも十分に注意をしなければいけません。
強い体作りに欠かせない栄養素
強い体を作るというと、真っ先にプロテイン(タンパク質)が頭に浮かぶという人も多いと思います。
もちろんタンパク質は重要なのですが、実はビタミンやミネラルがないとタンパク質も本来の効果を発揮することができません。
トレーニング効果を最大限に発揮するためにもビタミン・ミネラルは欠かせない存在なのです。
毎日が充実感に満ちて、自分への期待が止まらない。
あなたはどんな一日に幸福感を感じますか?
私は「今日も一日よくやったなぁ」と思うような充実した日に満足感を感じます。
朝目覚めるとスッキリ意識が鮮明で、「今日はこれをやるぞ!」と意欲に満ちて布団を飛び出します。
さえた頭で仕事をテキパキこなして、トレーニングもしっかり消化して強い体がもたらす本能的な喜びと自信に満ちています。
毎日自分の可能性を信じられて、充実した今日に満足して眠りにつく。
そんな日々を実現するためにCCは生まれました。
妥協なき回復力の秘密
必要十分な栄養が届けられることであなたの本来の回復力を取り戻すことができます

エネルギッシュな日々にビタミンB群
よく疲労回復に効果的と言われる食べ物に豚肉があります。
なぜ豚肉が疲れに良いと言われるのか? それは豚肉にはビタミンB群が豊富に含まれているからです。

ビタミンB群は食べ物の栄養素からエネルギーを作り出すときに必要であり、これが不足するとエネルギーが湧いてこず、倦怠感につながると考えられています。
そのためビタミンB群は栄養ドリンクなどにも多く含まれています。

CCはこのビタミンB群を体中に染み渡らせるようガッツリと配合しています。
抗酸化作用で活性酸素のダメージを軽減
ランニングなどのスポーツをすると、活性酸素という物質が体内に生じます。
この活性酸素は適量であれば問題ないのですが、過剰に発生すると細胞を酸化(サビ)させてしまったり、エネルギーを作り出すミトコンドリアという器官の働きを低下させてしまいます。

活性酸素のダメージから体を守るのには抗酸化作用をもつ栄養素を摂取することが役立ちます。
CCには運動量の多いアスリートをサポートするためにビタミンC,Eやファイトケミカルという抗酸化栄養素が多数含まれています。
分子栄養学の理論にもとづくメガ配合
CCと一般的なビタミン・ミネラル剤との最も大きな違いがその栄養素の含有量です。
これはCCが国内サプリで一般的に参考にされている厚生労働省が発行する『日本人の栄養摂取量基準』ではなく、分子栄養学という分野の『パーフェクトコーディング理論』という仮説に基づいて成分を決めているからです。
パーフェクトコーディング理論とは「栄養素をガッツリと摂取することで体内のあらゆる代謝がスムーズになり調子がよくなる」というもの。日本では聞きなれないという方も多いですが、海外製サプリの成分をチェックすると、CCと同様に配合量が多いものがあることがわかります。
メガ配合を採用した理由
代謝(たいしゃ)とは体の中でおこっている様々な化学反応の連鎖のこと。
食べ物からエネルギーを生み出して活動したり、筋肉をつくったりするのも全て化学反応=代謝です。
あらゆる代謝がスムーズにいくとき、人の体は調子が良い状態となります。


パーフェクトコーディング理論とは「体内でおこる代謝のすべてがスムーズにいく量のビタミン・ミネラルを摂取する。そうすることで身体活動を最大限に高めることができる。」という仮説です。
同じ食事をしていても人によって効果が変わるのは、各代謝に必要な栄養素の量が遺伝子によって個人差があるからであると考えられます。

CCはメガ配合にすることで、多くの人のあらゆる代謝をスムーズにするのに十分な量の栄養を届けることを目指しています。
CCと食品の栄養比較
CCに含まれる栄養と食品の栄養を比較しました。
例えば一番上の列のマグネシウムをご覧ください。
CCにはマグネシウムを166mg配合しています(推奨の1日8粒の場合)。
これはマグネシウムが豊富な食材として有名な木綿豆腐にして530gの量に相当します。
CCは栄養素をギュッと凝縮することで食品では食べきれないほどのビタミン・ミネラルを摂取することができます。
また、サプリは生鮮食品と比べて輸送コストが安かったり、賞味期限切れのロスも少ないため、栄養価ベースでいうと安くてコストパフォーマンスが良くなります。
ハードトレーニングに負けない健康をキープ
適度な運動は健康に役立ちますが、ハードなトレーニングを積む市民アスリートは逆に免疫を低下させやすく、より一層の健康への注意が必要です。
トレーニングの継続性を高めるため、健康トラブルを予防する意識が求められます。
ビタミンやミネラルが人の免疫において重要な役割を果たしていることは栄養学において常識になっています。
健康維持の基本の「き」として、CCはあなたをサポートします。
強い体作りにもビタミン・ミネラルは必要
強い体=プロテイン(タンパク質)というイメージが強いのではないでしょうか。
タンパク質が体作りで重要であることは間違いないのですが、その働きをサポートするビタミン・ミネラルも体を強く成長させるには欠かせません(ボディビルダーもプロテインだけでなく、ビタミン・ミネラル剤を利用しています)。
また、ビタミンCはコラーゲンを合成する作用があるので、それが欠乏すると故障しやすくなります。
ビタミンDの欠乏は筋力低下につながることが知られています。
ビタミンは「健康」はもちろん「強さ」にも欠かせない栄養素なのです。
2週間で朝の目覚めの違いを実感
KKさん

評価: 52週間ほどで朝の目覚めが良くなりました。
間違いなく変化が実感できています。
また、ハードな練習をしても翌日に疲労が残りにくくなりました。
ウルトラの大会中にも飲もうと思います。

同年代(50代半ば)との違いを実感。元気に起きれて行動量アップ。
Hathorさん

評価: 5昨年㋄にセミナーを受けて購入したあと少しブランクができてしまいましたが、秋に多用になることを受けてボディをしっかり整えたいと感じ、きっちり摂取して3ヵ月が経過しています。
仕事にランニングにといそがしくしていますが、翌日元気に起きられるのであれこれ行動を抑制せずに動けていて助かっています。
一般的な同世代(50歳代半ば)との違いを感じる場面が多々あります。

ロング走後の回復力に違い。体調も改善傾向に。
おさるさん

評価: 4フルマラソン3時間30分を目指してトレーニングをしている50代の女性ランナーです。
ランニングの疲労回復を目的にサプリを試用して1週間、効果を感じました。
痩せ型なので使用量は朝晩3粒づつ、1日6粒です。
試用開始4日目の週末にトレーニングの疲労が溜まったまま30km走を行い、26kmで失速、かなり疲れてしまいました。
ところが、月曜日の朝、意外にも目覚めが良く、元気に1日仕事ができました。
試用開始前から風邪気味で、私はこの季節アレルギー性気管支炎の症状が出る事が多いのですが、30km走以降少し練習量を落としてサプリを飲み続けていたら、症状が悪化する事なく快方に向かっています。
ひと月後のフルマラソンのレースに向けて、体調を整えてトレーニングを続けるために、引き続き使用していきたいです。

よくある質問
含有量がすごく多いようですが、過剰摂取の心配はありませんか?
水溶性ビタミンは大量にとっても体外に排出されるので心配ありませんが、脂溶性ビタミンやミネラルには一部過剰摂取が問題になるものがあります。
CCは一般的な食事と合わせて使用しても過剰摂取の報告されている基準量に達しないように調整しておりますのでご安心ください。
他のサプリも使っているのですが、飲み合わせで相性の悪いものはありますか?
薬ではなく健康食品ですから健康上で注意が必要となる組み合わせはございません。
ただ、他のビタミン・ミネラル剤(それも高含有のもの)と一緒に使うと過剰摂取のリスクも出てきますので、ビタミン・ミネラル剤は一緒に使わない方が良いでしょう。
Holosで販売している他のサプリとの違い(どれが自分にとって一番合っているのか)を知りたいです。
サプリの選び方フローチャートをご用意しましたのでご参考にしてください。
ダウンロード
お得な買い方はありますか?
定期便(隔月で配送)をご利用いただけると送料が無料となります。
14,000円以上(CCなら3袋)のまとめ買いでも送料無料です。また、お客様によっては推奨量の1日8粒でなく、6粒くらいに量を減らして使用している方もいらっしゃいます。
ご自身の体感を指標にして、食生活や練習量などに応じて量を調整するとコストパフォーマンスが改善できるかもしれません。また、ご家族でご利用の場合はファミリープランもございます。
大会でのパフォーマンスアップの使い方を教えてください
まず全種目に共通して大会の1週間ほど前から毎日8粒(朝晩の食後に4粒ずつなど)摂取して調子を整えます。

【フルマラソン以下の場合】
基本は日常的な使い方と同じで、当日の朝食後に4粒を摂取してください。
競技時間が4.5時間~かかる場合は30km地点くらいで4粒を目安に1回投入しても良いでしょう。

【100kmマラソンの場合】
・当日の朝食後に4粒
・35、70km地点を目安に4粒ずつ

【さらに長いレース】
・当日の朝食後に4粒
・4~5時間ごとに4粒

その他不明点はオンライン相談会で何でもご質問ください

ランニングショップHolosではオンラインでサプリの無料相談会を行っています。
一人ひとり丁寧に目的や課題をヒアリングして、サプリの活用だけでなく、食事や練習との組み合わせのアドバイスも行っています。
「サプリに興味があるのだけど、自分に合っているのか不安」という方はぜひ気軽にご相談ください。
(もちろん強引なセールスは一切いたしませんので、ご安心ください)
サプリ活用セミナー詳細

決済方法について

決済方法はクレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)、コンビニ決済、翌月後払い、PayPal、銀行振込、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、楽天ペイが利用可能です。

商品のお届けについて
【配送方法】
ヤマト運輸のネコポスにてお送りいたします。郵便受けに直接投函されます。
【お届けまでの期間】
月~金曜日は当日13時までのご注文は当日出荷いたします。 土日祝は出荷を行っておりません。
*年末年始、GW、お盆などはこの通りではございません

Catalyst Conditioningのご注文はこちら

お得で注文の手間も解消♪ 定期便でのご注文はこちら


Catalyst Conditioning 開発者より


(開発者の小谷。セミナーでの1コマ。)

このページをご覧いただきありがとうございます。
CCの開発者の小谷修平と申します。
(私のプロフィールはこちら

私はある時「マラソンって大量のビタミンやミネラルを消費するんだな!」と気づいてから、様々な関連商品を比較してきました。

色々試した結果、最終的にいきついた回答がCCでした。

サプリに詳しい仲間にも試してもらった結果「これなら世の中に広める価値がある」と判断し商品化しました。

サプリメントの効果の感じ方はとても個人差があります。

体質的なものや食生活など。

なので、CCが全ての人に満足していただけるとは限りません。

もし、あなたが商品を試してイマイチだったとしたら、ごめんなさい。

ただ、もしサプリとの相性が良かったらそこから得られる価値(生活の変化)は大きなものだと私は信じています。

コンディショニング系のサプリの中では一押しの自信をもっておススメできる商品です。

どうぞ試してみてください!

Catalyst Conditioningのご注文はこちら

お得で注文の手間も解消♪ 定期便でのご注文はこちら