モラル・ライセンシングに注意

モラル・ライセンシングに注意

表題のモラル・ライセンシングとは『スタンフォードの自分を変える教室』 という本で紹介されている人間の心理に関する言葉です。人間は何か良いことをするといい気分になり、「良いことをしたご褒美に・・・」とばかりに目先の利益を重視した衝動にかられてしまう効果のことを意味します。

例えば、「今日はいつもより仕事を頑張ったしランニングはサボっても良いだろう」とか「今日は練習を頑張ったから食事はちょっと高カロリーのものでも良いだろう」というようなことを考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。良いことをした分、悪い事をしてもかまわないというような勘違いを人間は起こしがちということが様々な研究で明らかにされているようです。

ちなみに今日の私は食後の睡魔に負けずに勉強ができたので良い気分になってトレーニングをサボりそうになりました。運良くモラル・ライセンシングのことを思い出したので踏みとどまる事ができましたが。

このような自分を悪い選択へ導く罠のことを知っておくと、その罠に気付いて今日の私のように良い選択を選びやすくなると思います。また、過去に自分がそうした悪い選択をしてしまった場合にどのような思考プロセスでそのような結果に至ったかを思い起こすことも有意義です。練習をサボりがちという人には是非意識してみてほしいと思います。

最近の投稿

More