朝ランニングと夜ランニングどっちがダイエットに効果的?

朝ランニングと夜ランニングどっちがダイエットに効果的?

「朝に走るのと夜に走るのでは、どっちの方がダイエットには効果的ですか?」
最近ジョギングを始めた友人から聞かれた質問です。この問いに誠実に答えようとするなら、朝ランと夜ランそれぞれの違いを理解して彼女に合った方を選ぶ必要があります。では、朝と夜のランニングはどのような違いがあるのでしょうか?

朝ランニングのメリットとデメリット

一般的に起床直後は血糖値が低い状態にあります。この血糖値が低い状態で走ると通常よりも脂肪を燃焼しやすくなると考えられています。つまり朝ランニングは脂肪の燃焼率が高くなるということです。また、朝のうちに走ることで代謝率が高まり、日中の活動でも脂肪を燃焼しやすくなるとも言われています。

一方で朝のランニングのデメリットとしては体がまだ運動する準備ができていないので、運動量自体が落ちてしまう可能性があるということです。これには個人差があるのですが、朝から元気に走れる人もいれば、走ろうとしても体が全く動かないという人もいます。脂肪を燃焼しやすいからといって朝ランニングを試みても、夜の半分しか走れないというのでは消費されるエネルギーが半分になってしまいます。脂肪を燃焼しやすいかどうかだけでなく、絶対量としてどれだけエネルギーを消費できるかという観点も忘れてはいけません

夜ランニングのメリットとデメリット

夜のランニングは筋力が向上しやすいというメリットがあります。走ると筋肉がダメージを受けます。そのダメージを修復することで更に筋肉は強くなります。この筋肉を修復するという作業は眠っているときはとてもはかどります。つまり、夜に走って筋肉が損傷。その後に眠ることで速やかに筋肉が回復し筋力が向上するということです。筋力が向上するとより長く走れるようになり、更に高いダイエット効果を期待できるようになります(消費エネルギーは距離に比例するので)。ちなみに筋力がつくといって「脚が太くなるのでは」と心配する女性は多いのですが、筋肉はそんなに簡単に太くなるものではありません。同じ体重でも筋肉をつけて脂肪を落とした人の方が見た目はスリムに見えるので安心して走りましょう。

夜のランニングのデメリットは何でしょうか。例えば女性に多い意見として夜一人で走るのは不安というのがあります。また、あまりに刺激の強いトレーニングをすると不眠に繋がる恐れがあります。

継続のしやすさという視点も重要

朝走るか夜走るかを決める際に忘れてはならない視点は「自分はどちらの方が続けやすいか?」ということです。効率を1%向上させるためにトレーニングを10%サボってしまっては意味がありません。結局のところダイエットの最大の敵は続けられないことなのです。
「朝は眠くて続けられない。。。」
「夜に仕事が終わってから走るのは無理。。。」
走りやすいタイミングは人それぞれです。もし朝と夜で続けやすさに差がある場合は私なら迷わず続けやすい方で走ることを提案します。継続力の違いは朝ランと夜ランの効果の違いよりはるかに優先順位の高い違いだと考えるからです。

まとめ

  • まずは朝と夜でどちらの方が走りやすいか(継続できるか)を考える。両者に違いがあるなら継続しやすい方で走る
  • 朝ランは脂肪を燃焼しやすく、その後も1日脂肪が燃えやすい状態となる
  • 夜ランは筋力が向上しやすい

ダイエットに強いランニング教室! ホロスRCのページ

最近の投稿

More