ランニング中の足つりに関してアンケート調査を行いました

ランニング中の足つりに関してアンケート調査を行いました

先月のメールマガジンで「足つり」に関するアンケートを行いました。
下記の情報について読者の方の経験をヒアリングしました。

  • 足つり対策で上手くいった経験
  • 足つり対策で上手くいかなかった経験
  • その他(自由記述)

多くの方が回答してくださり、その回答をみているととても興味深かったです。
足つりに悩んでいる方は深刻なのでみなさん色々と足つりに良いと言われている解決策を試されています。

大会中の対策としては水分やミネラルのバランスが崩れないように補給・給水をすること。
芍薬甘草湯。
オーバーペースにならないようにすること。

日常的な準備としては生活習慣の改善(禁酒とか)。
練習の工夫(しっかり走り込む、筋トレ)などが回答にあがっていました。

複数の回答をみているとどんな対策も「効いた」という声と「効かなかった」という声があります。
当たり前かもしれませんが、「これで足つり対策は完璧」というような解決策はないようです。
これは足がつる原因が複数あるからであり、その原因を見極めて適切な対応をしないといけないということでしょう。

いくつかコメントを紹介します。

芍薬甘草湯という漢方薬が足つりの治療、予防に効果があるといいますが、これはランナーの場合には必ずしも当てはまらないのではないかと思います。
甘草という成分には、腎臓でナトリウムを尿に捨てないようにして、代わりにカリウムを捨てる働きがあると言います。
しかし、暑熱環境下で発汗量が多く、汗の中にナトリウムを多量に捨てていて、レース中に尿があまり出ない状態では、そもそも腎臓からナトリウムが出ていかないわけで、薬の効果を期待出来ないようです。
自分は汗かきでレース中にトイレに行くのは一回あるか無いか。とくに暑い日のレースでは一度もいかないのですが、この漢方が足つりに効いたと実感することはありませんでした。

丁寧なコメントありがとうございました。
芍薬甘草湯が効いたという声も複数ありましたので、体の状態によって判断しないといけないということでしょう。
(ちなみに今回のアンケートで芍薬甘草湯の効くor効かないは半々くらいの割合でした)

レース中に足がつってストレッチしていたら救護スタッフの方が冷却スプレーをかけてくれたんですが、逆効果だったようで歩くのも辛い状況になりました。
実感としては温めた方がほぐれる気がします。

一般的には冷やさない方が良いと言われていますね。

やはり、長距離を走る練習をすることではないでしょうか。
練習もしないで足がつると言っている人が大すぎます。

確かに魔法のサプリに頼らずしっかり体を作ることも大切ですよね。
走り込み以外にも筋トレを重視する方もいるようです。
(電解質などが大切なことも事実ですが、原因が実力以上のオーバーワークなら鍛えるしかありません)

今回の足つり研究の報告は次回のメールマガジン(8/11朝に送信予定)で送ります。
私なりに足つりの原因を分類して対策をまとめたので、それを参考にしながら解決策を試していただければと思っています。
読者の皆さん、いつもご協力ありがとうございます。

「私たちと一緒に研究したい」という方は下のフォームから会員にご登録ください(無料です)。

メルマガ登録フォーム