7/1の練習|フルマラソンin戸田彩湖

7/1の練習|フルマラソンin戸田彩湖

5年ぶりのフルマラソン。
11月の24時間走に向けて6,7月をスピード練習にあてようと考えてエントリー。

5月中旬に立てた当初の目標はここでサブスリーまで体力を戻すこと。
6/16のヤビツ峠走の上りが55:58だったので、そこまでは順調に成長できた。
(自分の中で56分を切れればサブスリーの力があると考えられる)

しかし今年はもう梅雨明けということで当日はとても暑いことが予想された。
よって3時間にこだわらず、当日のベストな走りで良い練習にしようと考えを変えた。

結果はというと、3:26:22とタイム的には目標にはほど遠く。
それでも、自分一人ではとても出せなかったような、今日のベストな走り。
準優勝の嬉しいおまけもついてきた。

今回は友人、お客様、ブログ読者の方など多くの方と話す機会があって嬉しかった。
話しかけて下さった方、ありがとうございます。

次回の大会は平塚の6時間走。
9月末に川越で12時間走、そして神宮24時間走と続く。

↓メモ

フルマラソンの感覚も忘れており、暑さ慣れもしていないので、潰れないように心拍数をラスト10kmまで180bpm以下に抑えることを目安に走る。
(これまでの練習の感覚で180bpmを長時間超えなければフルも大丈夫という感覚があった)
振り返ってみると今回はこの心拍数を常にチェックしたおかげで最後までなんとか持たせることができた気がする。

そういえば糖質制限をすると心拍数が上がるというのは聞いたことがあるが、自分でもそう思う。
以前は180bpmはかなりきつい強度だった。
呼吸商(脂肪の利用率)が大きく変わるため心拍数が上がるのだと思う。

前日夜の食事はいつも通り糖質制限。
朝食も抜きで今の自分としては走りやすい&トレーニング効果も高いと思われる条件でスタート。
(いつも摂取しているCC、CCPは朝に摂取)
スタート30分前くらいにCNCを4粒摂取。
利尿作用や胃腸障害の問題は今回の自分には無し。
(カフェイン断ちは今回は実施せず)

「とにかく暑さ対策」ということでW-AIDを7本用意。
スタート直前に1本、その後レース中に6本摂取。
それでも電解質不足が怖く、エイドの梅干し+プチトマトを積極的に摂取。

これだけ注意していても今日は18kmくらいで「マイカップがどこにあるか分からなくなる」ほど頭がやられてしまった。
汗の出も悪くなった自覚があった。←注意信号
気を引き締めなおす。

1周5kmのコースで2回水をかぶる。
この水浴びがなかったらとても完走できた気がしない。

エネルギー補給のためのジェル・食事はなし。
(電解質補給のためのプチトマトを8個くらい)
電解質パウダー、スポーツドリンクの糖質のみだったが、ガス欠の感覚はなし。
やはり糖質制限でグリコーゲン温存力は高まっている。

イベントで使っている山口先生のシールを足部に2カ所はった。
接地バランスが大きく変わった→今後の練習でも要観察。

LEAVE A REPLY

*