ウルトラ大会の新兵器に|カフェインで集中力・眠気・疲労感の対策

ウルトラ大会の新兵器に|カフェインで集中力・眠気・疲労感の対策

6日間走から帰国して5日経ち、ようやく日常の仕事モードにも慣れてきました。
先日、仕事関係であるモヤモヤから解消されました。
長らく欠品していたCNCというサプリがようやく入荷したのです。

CNCと言っても初耳という方もいるでしょう。
なんと発売してから2ヶ月近く経っているにも関わらずまだこのブログで取り上げていませんでした(汗)
というのも、
3月末に発売→即完売→追加注文するも原料不足で生産できず欠品が長期化→ゴールデンウィーク後にようやく入荷
という事態があったからです。

「入荷はまだ?」というお問合せも多く、ご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。

「欲しい」と言っている方がすぐそこにいるのに商品が無いというのは、とてもモヤモヤします。
余談ですが、近所のドラッグストアで1週間以上、クイックルワイパーのウェットシートが欠品しています。
きっとそこの店長もモヤモヤしているのではないかと勝手に想像しています。

では、本題です。
CNC(Catalyst Natural Caffeine)は天然カフェイン系のサプリメントです。
ウルトラの大会での使用にピッタリなので、新兵器としてのご検討をオススメします。
フルマラソンやポイント練習でも良いですが、ウルトラの大会では特に良いと思います。

成分と狙い

CNCにはガラナから抽出した天然カフェインが含まれています。
カフェインが持久系スポーツのパフォーマンスアップに役立つというのは多くの研究で紹介されています。
(以前はドーピング対象だったほど。それくらい確実性の高いものです)

カフェインの作用として知られているものに

  • 持久力アップ
  • 覚醒作用(眠気対策に)
  • 鎮痛作用
  • 集中力アップ

があります。

他のカフェイン商品との違い

カフェインを摂取するならコーヒーとか薬局の錠剤とか他の手段もあります。
好みや価格に応じて自分にあったものを使用していただければ良いですが、CNCの特徴としては

  • ゆっくり吸収され長く働く(ガラナ由来のカフェインの特徴)
  • 抽出することで少量で高い効果(携帯性と飲みやすさを高めた)
  • 1粒でカフェイン13.9mgと量を調整しやすい

というように、ランナーにピッタリなようにアレンジしたことです。
気軽に使えるよう、価格も100kmウルトラ1回あたり600~800円くらいに抑えられるよう設計しました。

使用者の感想

ayabaさん
「こんなサプリを待っていました。
カフェインが他の成分と一緒に入っているジェルだとエナジージェルと重ねて摂取しなければいけないレース等ではどうしてもお腹が緩くなったり、長いレースでは携帯量が増えたりと悩ましいところがあり、カフェインだけのサプリは無いものかと思っていました。
走る前や身体が重く感じるラン途中で摂取するとエンジンがかかり気持ちの良い走りが出来ます。
レースなどでは1時間前の摂取を薦められていましたが、即効性もあるのにナゼ1時間前が良いのか教えて頂きたいです。
このサプリの持続時間や最良の摂取方法が分かればもっと上手に活用出来ると思っています。
これからも是非使いたいです。」
(引用元)

ランニングクラブ『ウルトラプロジェクト』メンバー様(10000m走で使用)
「CNCを使わせていただきました。
ペースの維持と我慢、そしてラストのペースアップが出来ました。
終始集中できたような気がします。」

「CNCはトラックでの何周も周回する中で意外と集中できたのは効果があったかもしれません。
また、PBを出すほど強度が強い練習をすると後から眠くなることが多いのですが、帰宅後も全く眠気を感じずこれもカフェインの効果かなと感じました。
しかし夜の練習で使うとその後眠れなくなる可能性もあるのではないかと。。。」

「目標4:20/kmでAさんについていきました。
皆さんと同様CNCのお陰なのでしょうかあまり息も上がらず予定以上のハイピッチで最後まで踏ん張ることができたと思います。」
その他の声はこちら

オススメの使い方

ハーフマラソン以下
スタート1時間前に4~8粒

フルマラソン
スタート1時間前に4~8粒
4時間以上の方は2.5~3時間くらいで4粒追加しても良いかもしれません

ウルトラマラソン
スタート1時間前に4~8粒
3~4時間ごとに3~6粒
眠いとき 適宜3~6粒
*カフェインで胃腸障害が出やすい方は何かを食べた後の摂取がオススメです

【日常生活での使い方】
・スピード練習の前に5粒ほど飲んで集中力アップ
・LSDは大会と同様に使う
・朝食後や昼食後、眠気の気になるときに
*夜は睡眠を妨げる恐れがあるので量・タイミングをご自身で調整するようご注意ください

カフェインを利用する時の注意点

カフェインは基本的には武器になりますが、注意点もあります。

まず、体質的にカフェインを受け付けない人がいます。
普段は大丈夫でも運動中あるいはその日の体調次第では逆に調子が悪化することがあるという声もあります。
カフェインの摂取で胃腸障害を起こすというケースもあります。
*エイドで何かを食べた後のカフェイン摂取でリスクを減らせます

もう1つ注意したいのがカフェインの過剰摂取です。
カフェインは多ければ多いほど効果が大きくなるわけではありません。
特にエネルギー補給のジェルにカフェインがはいっている場合は注意です。
エネルギー補給のペースでジェルを摂取していたらカフェインの摂取量が大量になってしまう可能性があります。

体重1kgあたり5mgもとれば十二分な量だと私は思います。
カフェインのトータル量にも注意してください。

カフェインは効果を示す研究結果が多いのにアミノ酸などと比べて活用している人が少ない気がします。
是非これからのウルトラシーズンの新兵器として試してみてください。

CNC商品ページ

コメント

*