自分の潜在能力に気づく時|シール体験会レポ

自分の潜在能力に気づく時|シール体験会レポ

月曜日にこちらのイベントやってきました。
ランナーの故障・違和感に|無料シール体験会

このイベントは「シール」を使って筋肉の強弱バランスを整え、体の不調を改善しようというものです。
2月に実験的に体験会を開催し、評判が良かったため再度企画しました。

このイベントはシールの開発者である山口先生を招いてお願いしています。
臨床経験が豊富で私の信頼する腕の確かな先生です。

山口先生

今回は7名のランナーが集まりました。
体のどこかに故障や違和感のある方です。
「走れるけど気になる」という軽めの症状の方が多かったですね。

結果はどうだったかというと、前回同様に全員が「変化」を感じたと回答してくれました。
(私に気をつかってくれたので無ければ笑)

「鍼灸など他の治療院では治らなかった腕のしびれが治った」
「足の背屈(足首を上に向ける動作)が驚くほど楽になった」
「脚に力が入るようになった(股関節の屈曲動作)」
などの声がありました。

あとは実際に走ってみた時の感覚が大事になりますので、どんなフィードバックがもらえるのか楽しみです。

この体験会をして面白いなと思うことは
「自分では問題ないと思っていた部位でも専門家に施術を受けると大きく改善することがある」
ということです。

自分では「100%の力が発揮できている」と思っても実際にはそれが70%であったりするのです

施術を受けて70%→100%となった時に自分の潜在能力に気づく。
その時の驚きと喜びが混ざったような表情をみるのが私は大好きです。

みなさんはこういう潜在能力に驚くという経験をしたことはありますか?
私はランニングで色々試すうちに何度かこういう経験をしてきました。
例えば

  • 山口先生に首の治療を受けたとき
  • カイロプラクティックで脊柱の配列を治す施術を受けたとき
  • 糖質制限に体が適応できたとき

などなど。
それはとても胸が弾むような体験です。

ある友人が視力改善の手術をうけて(それまでは眼鏡をかけていた)
「手術をして初めて、自分がそれまでいかに不便だったかに気づいた」
と言っていました。
その感覚とも近いかもしれません。

このような驚き体験ができることもこの山口先生のイベントの魅力です。

次回は3/26(月)@東京千代田区で開催です。
6名定員でブログ公開時点での空きはあと1名です。

しばらくは月に4回ほどの頻度で開催しようと計画中です。
スケジュールはこのブログのイベントページから確認できます。
Facebookページでもイベント情報アップしていきます。

それでは!