2週間で3:08:19→3:02:51|お客様から嬉しい報告をいただけました

2週間で3:08:19→3:02:51|お客様から嬉しい報告をいただけました

仕事をしていると、とりわけ嬉しい時がたまにやってきます。
お客様からの「こんな結果が出せました!」という喜びのお知らせが届く時です。

つい先日もフルマラソンが3:08:19の自己ベストを2週間で3:02:51まで更新した方からメールをいただけました。
自己ベストを更新した嬉しさ、これからの自分に対するワクワク感が伝わってくる素敵な内容でした。
掲載の許可をいただけたので紹介いたします。

川久保雄司さん|KernelS600 Blackを使用して
—-
小谷様

先日はKernelを迅速にお送り下さいまして、誠にありがとうございます。
実は、先週末に世界遺産姫路城マラソンを走ってきました。

2週間前の館山若潮マラソンで3:08:19と自己ベストを更新していたのですが、Kernelを着けて臨んだ今回、さらに5分半更新して3:02:51(記録はいずれもグロス)を出すことができました。

館山の記録
姫路の記録

もちろん、Kernelだけの効果とは言い切れませんが、
館山の前の自己ベストは昨年6月の黒部名水マラソンで出した3:08:58であり、更新までは半年以上かかっていること。
さらに館山の前にも松本、富山、富士山と3レースを経て更新できなかったにもかかわらず、今回5分半(キロ当たり8秒弱)というジャンプアップを実現でき、
少なくともKernelの効果は確実にあると判断しましたので、僭越ながらご報告差し上げた次第です。

今回は、30kmまで3:00ペーサーに安定して付いていくことができましたが、これまでにはなかったことです。
30kmで遅れてしまった理由ですが、右わき腹に差し込み痛が出てしまい、ペースを維持できなくなったためです。
これまた以前は経験のなかったことで、今までとは違う身体の使い方になったことが原因と思われます。
脚は最後まで持ちましたので、遅れ始めてからも大崩れはしなかったのもありがたかったです。

Kernelはメカニズムが公表されていないため、効果として明確に申し上げにくいのですが、体感として「上半身のしなり」「腹の前出し」が長時間キープできたと思います。
結果的に意識が胴体>脚になったことが大きいのかなと。

また、実は当方右肩に慢性の痛みを抱えており、イチロー選手で有名なワールドウィングにて初動負荷トレーニングを週2~3回程度行うことで緩和しているのですが、Kernelを付けると通常より痛みが改善されることも確認できました。
しばらくはつけっぱなしにして、効果を確かめていきたいと存じます。

反面、気になった点としては、他の方も感じておられる通り、
・ループ長がランニング用としては長すぎるように感じます。
・ラン時にかなり強く鎖骨に当たり、外れないか不安です。
という点でしょうか。
おそらく外れることはないと思うのですが・・・

次回は来月の静岡、再来月の長野ですが、おかげさまで3時間もかなり近づいてきましたので、よいご報告ができるよう精進したいと存じます。
取り急ぎ、御礼まで。

川久保
—-

みなさんは何か買い物をして、その感想やお礼をお店に伝えることはありますか?
おそらく、滅多にないことだと思います。

大会で満足のいく走りをして、すぐにパソコンに向かってショップに上記のお礼メールを打ち込んでいる川久保さんの姿を想像してみてください。

活き活きとした喜び
マラソンへの熱中
サブスリーへのワクワク感

が伝わってきませんか?

ランニングって人の心を豊かにする凄い力があるんだと思います。
そしてこういう心の動きを後押しする人々(大会主催者、ショップ、メディア、メーカーなど)はみんな尊い仕事をしていると思います。

私もまた元気をもらえる出来事でした。
嬉しいご報告、いつでもお待ちしています!

川久保さんにご利用いただいたKernelはこちら。

Kernel商品一覧

*コメントで鎖骨へのあたりが気になるという声がありました。
ペースの速い方、上下動の多い方でたまにいらっしゃいます。
走った時の軽さ、装着感ではシルバーアクセサリータイプの方が人気です。

LEAVE A REPLY

*