ジョギングの意識改革で走力のベースをアップ

ジョギングの意識改革で走力のベースをアップ

ジョギングはほとんどのランナーにとって、もっとも実施頻度が高く重要な練習です。従ってトレーニングとしてのジョギングを上手に実施できるか否かはマラソンのパフォーマンスに大きく影響してきます。しかし、ランナーの中にはジョギングに対する目的意識の曖昧さなどから十分にジョギングをランニングの成果につなげられていない人もいるように思われます。よって、今回はこのジョギングの効果と実施するときのポイントを整理してより効率的にジョギングをマラソンの成果に結び付けられるようにしたいと思います。

ジョギングとは

ジョギングとはゆっくりとしたペースで走ることを意味します。息が上がらずにおしゃべりしながら走れる程度の速さで走ることをこのページではジョギングと呼びます。ちなみにペースが上がりしゃべるのがきついくらいになるとそれをランニングと呼びます。

ジョギングの効果

ジョギングの効果は様々ですが、特に以下の効果が他の練習とくらべても大きいのが特徴です。

  • 心臓の強化(ポンプ機能の向上):心臓のポンプ機能が向上することにより、より多くの酸素を筋肉に供給することができるようになります。
  • ミトコンドリアの数、大きさの向上:有酸素代謝の能力が高まり、より速いペースでも乳酸を溜め込まずに走ることができるようになります。
  • 毛細血管の発達:筋肉で利用される血液の量が増し、より多くの酸素を筋肉に供給することができるようになります。

ここで重要なポイントはマラソンの練習は速く走れば速く走るほど良いというわけではないということです。ゆっくりペースのジョギングにはジョギングならではの効果があり、速いペースの練習にはそれならではの効果があるので、目的に応じてバランスよく遅いトレーニングと速いトレーニングを組み合わせる必要があります

ジョギングのコツ

ジョギングをするときに押さえるべきポイントはジョギングの効果はペースの速さや走った距離よりも運動の継続時間に大きく依存するということです。無理にペースを維持してすぐにトレーニングを終えてしまうよりも無理せずペースを少し落として長く走り続けた方が効果は高いと考えられます。ジョギングは頑張って苦しい状態に耐えるのではなく楽な状態をできるだけ長く維持するように心がけると良いでしょう。

まとめ

  • ジョギングにはジョギングならではの効果がある(速ければ良いわけではない)
  • ジョギングの効果は運動の継続時間に大きく依存する
  • ジョギングをする際は楽な状態を長く維持するように心がける

ジョギングは実施頻度が高くとても重要な練習ですが、速くて苦しい練習とくらべると達成感が少なく意識が低くなってしまいがちです。しっかりと効果、目的、ポイントをおさえて日々のジョギングをより有効なトレーニングにすることで実力の底上げにつなげていきましょう。

最近の投稿

More