第一回伝説の練習会

第一回伝説の練習会

昨日は著名なウルトラマラソンランナーの方々との練習会を行いました。24時間走の日本代表選手、国内ウルトラ優勝多数という凄い顔ぶれでした。私は勝手にこの練習会を伝説の練習会と名付けました。

この日の内容はクラブの練習会で利用しているヤビツ峠のコースを2往復するというものでした。名古木の交差点を一斉にスタート。スタートから65分後に復路スタート。さらに60分後に往路2回目スタート。70分後に復路2回目スタートという時間設定で、走るのにかかった合計時間を競います。11.6kmの坂道インターバル4本という感じです。

スタート時は晴れていて天気に恵まれたと思ったのですが、徐々に雲が出てきて高度が高いところでは吹雪いてきました。これは1往復で中止かなと思ったのですが、過酷な環境が逆に彼らの闘志に火をつけてしまったようです。やはり普通の人たちではないですね(笑)。みなさん練習での追い込み方が違います。練習は適切な強度というものがあるので必ずしも毎回追い込む必要はないと思いますが、要所で耐える精神力はやはり大事です。その凄まじさを感じさせる味わい深い言葉を聞けたのでいくつか紹介します。

  • 途中で車線が5つに見えたよ〜
  • (ゴールして開口一番に)危なかった〜
  • これは遊びじゃないんです!

まさに目が覚めるような練習会でした。これから250kmの大会に向けてしっかり頑張っていきます。

【タイム】
(往路1,復路1,往路2,復路2)=(54:29,43:23,56:38,45:40)
1月の練習量が少なかったので不安でしたが思っていたより良い走りができました。ただ、やはり走り込み不足で往路2回目のラスト3kmはかなりペースが落ちました。次回は後半も落ちない走りができるようになりたいです。

最近の投稿

More